horo3341のCoD攻略日記

愉快に真面目に攻略♫

ガッチャマンクラウズインサイト 1〜12

f:id:horo3341:20150731213910j:plain
あらすじ[編集]
第1期
異星人犯罪者を秘密裏に駆除する特殊部隊・ガッチャマン。その存在はフィクションとして、市民からは実在を否定されていた。
2015年初夏。日常に物足りなさを感じていた女子高生、一ノ瀬はじめは、突如目の前に現れたJ・J・ロビンソンより謎の手帳『NOTE』を授かり、フィクションであるはずの戦士・ガッチャマンとなる使命を受ける。予感を頼りに学校を飛び出したはじめは、そこでガッチャマンとして戦う・橘清音と出会い、フィクションが現実であった事を知る。
立川「CAGE」所属のGメンバーとして迎えられたはじめは、持ち前の自由奔放さと無軌道さを武器に、J・J・ロビンソンが行う予言の言いなりになっていたメンバーたちの間に、嵐と新風を呼び込むのであった。
f:id:horo3341:20150805060318j:plain
コメント
■Re:ガッチャマン クラウズ インサイト (第2期) []
了解っす!
主人公の胸が○きすぎるっす。
OP楽曲かっこいい?

 2015-07-18 00:39  URL  [ 編集 ]

■Re:ガッチャマン クラウズ インサイト (第2期) []
Gスーツのデザインは、どうかなぁ…と思うけど
奇抜そうにみえて実は、王道的な作品
0第2期『インサイト
宇宙人ベルク・カッツェが暗躍した事で日本を揺るがした「立川事件」から1年後。かつて爾乃美家累のみが行使していた特殊能力「クラウズ」は誰でも使える当たり前の便利な能力として周知されていた。しかし一部では「クラウズ」の力そのものを危険視する声も高まっていた。その中でも特に過激な反クラウズ団体「VAPE」は、「クラウズ」を容認し国民へアピールする時の総理大臣・菅山とそれを後押しする「Gメンバー」に対し、「赤いクラウズ」を用いたテロを仕掛けようとしていた。
その頃、「立川CAGE」に所属するGメンバーたちは新潟・長岡市を訪れていた。この地に正体不明の宇宙船が落ちてきた為、その調査にやってきたのだ。Gメンバーたちは、この事実を彼らに知らせた少女・三栖立つばさと共に宇宙船へと向かう。
宇宙船から降りてきたのは、真っ赤な肌と水色の髪以外は人間の女の子のように見える少年にしか見えない宇宙人・ゲルサドラ。彼は自分を「数々の星を導いてきた“ 平和の使者 ”である」とGメンバーたちに告げる。
この二つの出会いをきっかけに、Gメンバーを取り巻く物語は更に加速していく。

1ガッチャマン[編集]
一ノ瀬 はじめ(いちのせ はじめ) / G-101
声 - 内田真礼
f:id:horo3341:20150805045856j:plain
この作品の主人公。普段は私立立川鳳雛学園に通う16歳[3]の高校2年生[4]。一人称「僕」[3]。巨乳。
語尾に「〜っす」
万物をデザインできる可能性を持つ『デザイナーのNOTE』を持つ。NOTEの色はホワイト。『インサイト』からはカッツェを思わせる赤いラインが交じる。Gスーツはツインテールにスカートなど全体的に少女を思わせる
同人誌
http://dropbooks.tv/detail/uADs2IcEh4
設定[編集]
ガッチャマン
この作品における「ガッチャマン」とは、特殊な物体「NOTE」をパワーソースにした特殊強化スーツ「Gスーツ」を装着する戦士の名称である。
NOTE(ノート)
J・J・ロビンソンによって見出されたガッチャマンが手にする手帳。超常能力の源
アムネジア・エフェクト
ガッチャマンが戦闘の際に展開する特殊空間。
GALAX(ギャラックス)
累が開設した大手SNSスマートフォンを使いアバターをゲームのように操作してネット世界である街を散策する方式である
スマホ選挙
GALAXを使用したスマートフォンによる国民直接投票システム。
CROWDS(クラウズ)
爾乃美家累の特殊能力。人間の意識が実体化したもの

2うつつ / G-99
声 - 小岩井ことり
f:id:horo3341:20150805051720j:plain
はじめと同じ立川鳳雛学園1年生。推定15歳。公衆の場に出る時以外は黒の水着を着ている。自分の能力や自分自身に対する肯定感が低く、O・D以外の他人と接することに恐れを抱いており、普段は「うつうつします」程度の発言しかしない。
右手で生命力を吸い取り、左手で分身を生み出したり生命力を分け与える『誕生と死のNOTE』の能力を持つ。

爾乃美家 累(にのみや るい) / G-100
声 - 村瀬歩
f:id:horo3341:20150805051656j:plain
SNS「GALAX」と「総裁X」を独学で開発した18歳の青年。極めて頭脳明晰で、トリリンガル。高層マンションの最上階で一人暮らしをしている。

3ベルク・カッツェ
声 - 宮野真守
f:id:horo3341:20150805052000j:plain
「宇宙人」を自称する、年齢・性別など大半が謎の存在。キスすることで人間に擬態する。混乱を起こす事を好み、擬態能力と腕から出す鞭のような物で周囲を攻撃する。奇矯なポーズや言動を好み、度々ネットスラングを口にする。

O・D(オー・ディー) / G-12
声 - 細見大輔
f:id:horo3341:20150805052216j:plain
年齢不詳の青年[注 1]。場を盛り上げる役どころを自認する生まれついてのムードメーカーで、バラバラなGメンバーのまとめ役を買っている。誰に対してもフランクなオカマ口調で話す。Gメンバーなのにガッチャマンに変身しない変わり者

4橘 清音(たちばな すがね) / G-96
声 - 逢坂良太
f:id:horo3341:20150805052454j:plain
はじめと同じ立川鳳雛学園に通う3年生19歳男子。そのため、はじめからは「先輩」と呼ばれる。サムライの生き方に強く共感し、古風な立ち振る舞いが強烈な個性を放つ[4]。
時空に干渉する『無限間合のNOTE』を持つ。NOTEの色はグレー。Gスーツは鎧武者と幻獣を組み合わせたような姿。

枇々木 丈(ひびき じょう) / G-89
声 - 浪川大輔
f:id:horo3341:20150805052952j:plain
29歳。東京大学出身[4]のノンキャリア社会人。優秀な公務員の顔とプライベートを上手に使い分けることの出来るオトナの男性。
炎を自在に操る『爆炎のNOTE』を持つ。NOTEの色はレッド。Gスーツは黒を基調としており、頭部からは自身の能力の象徴である炎を常に噴き上げている。

5パイマン / G-3
声 - 平野綾
f:id:horo3341:20150805053452j:plain
見た目はパンダをデフォルメしたようなキャラクターだが、実は数百年Gメンバーを務め、本人曰く「7つの星を守ってきた」Gメンバー中でも最古参の宇宙人。
自身の質量や物質を変換する『変換自在のNOTE』を持つ。NOTEの色はピンク。Gスーツの姿はイエローの獣

J・J・ロビンソン(ジェー・ジェー・ロビンソン)
声 - 森功至
f:id:horo3341:20150805053807j:plain
評議会」と呼ばれる高事象的存在の一人として、遥かな太古から「地球の監視者」を任じてきた者。Gメンバーからは単に「JJ(ジェイジェイ)」と呼ばれる事が多い。
現在はGメンバーに「予言」という形で様々な示唆を与える指導者的立ち位置。いわゆる「神」

6直接民主制(ちょくせつみんしゅせい)とは、代表者などを介さずに、住民が直接所属する共同体の意思決定に参加し、その意思を反映させる政治制度である。 対になる概念として間接民主制がある。 現在、ほとんど全ての国が間接民主制だが、ハンガリーのインターネット民主党のように、昨今の技術革新を積極的に活用することで直接民主主義への復古を目指す政党も存在する。 一般的には国民の国政に対する直接参加を指すが、広義においては地方自治体などの都市単位の決定を含む。

日本は間接民主制の国なので、選挙で国民の代表者を選ぶ。たとえば、国会議員地方議会議員都道府県知事、市町村長地方議会議員などを、選挙で選ぶことができる。
国民が直接に政治に参加するのではなく、国会などを通して間接に政治に参加することから、<間接民主制>と言う。

7日本の政治(にほんのせいじ)は、日本国憲法に定められた体制に基づいて行われる。そのため、日本は、立憲主義に基づく国家であると言える。また、日本の行政・司法は、憲法と国会が定める法律以下、明文化された法令等に基づいて行われる。そのため、日本は法治国家であると言える。

日本国憲法は、主権が国民に存する国民主権を定める。また、政治上の権力を行政権立法権司法権三権に分け、それぞれを内閣・国会・裁判所に配する権力分立の体制を定める。国会を国権の最高機関とする議会制民主政治が行われ、国会と内閣の協働による議院内閣制が採られる。さらに、「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」として、世襲君主である天皇を置く。天皇は国政に関する権能を有しないと憲法で定めており、内閣の助言と承認により「国事行為」を行う。

8政治的無関心(せいじてきむかんしん)は、一般国民の政治への無関心や、消極的志向、ときには否定的態度をも意味する現代社会用語。英語でアパシーともいう。

近年、若者を中心に政治的無関心が高まっているとされ、その一端は選挙における投票率の低下や、政治的デモ行為の減少にも見られる[1]。

政治的無関心の分類 編集

リースマンの二類型 編集
アメリカの社会学者デイヴィッド・リースマンは、政治的無関心を次の2つに分類した。

伝統型無関心 政治は社会的地位の高い者たちに任せておけばよいという立場から、一般大衆が政治に対する関心を抱かない状態。選挙権を有しないために参政できない状況も含まれる。

現代型無関心 国民が政治を他人事のように捉え、関心を抱かない状態。政治を解する予備知識や学識を持ち合わせていても、自分に関係がないとして参政しようとしない。または、分かりにくい政治を理解しようとしない。
9場の空気(ばのくうき)とは、その場の様子や社会的雰囲気を表す言葉[1]。とくにコミュニケーションの場において、対人関係や社会集団の状況における情緒的関係や力関係、利害関係など言語では明示的に表現されていない(もしくは表現が忌避されている)関係性の諸要素のことなどを示す日本語の慣用句である。近年の日本社会においては、いわゆる「KY」と称する俗語が流行語となって以来、様々な意味を込めて用いられるようになっている。

「場の空気」を読む危険性 編集
集団思考」も参照
アーヴィング・ジャニスは、ピッグス湾侵攻事件、ベトナム戦争の拡大政策、ウォーターゲート事件などの事例から、大統領とその側近がいかに優秀であっても、集団になると馬鹿げた意思決定をしてしまう現象(集団浅慮)を分析している。固定的な組織が似通った構成員により作られ、公平なリーダーシップがない状況で外部から強い圧力を受ける場合、全会一致の幻想を抱き、他人の勧告や他の情報を意図的に無視し、集団のコンセンサスを逸脱する議論に圧力をかける「全会一致への圧力」が生じるとする。この結果、閉鎖的な仲の良い集団が、和を尊重しすぎるあまり、重大な意思決定に際して、不合理なリスキーシフトを起こす。リスキーシフトとは集団で討議したのち、意思決定がより危険性の高いものにシフトする心理法則・心理現象を指す[13]。
10集団思考の問題については欧米でも複数の報告や研究事例があり、日本人や日本文化に特有の社会心理現象ではない。人間がその場にいる他人との相互作用の中で態度を決定することは、なにも「日本人」に独自のことではなくて、むしろ人類に共通の特性である。さらにいえば、動物の世界にも共通している。それをあたかも日本人だけが特殊であり、外国人(とりわけ西洋先進国)は独立した不変の人格をもつといった説明を行ったことは、今日から考えれば、太平洋戦争敗戦がもたらした自虐意識と外国の社会についての無知がもたらした特殊な自意識であったといえる。
11脳には、ミラーニュートンという神経細胞(通称、ものまね細胞)があり、他人がしていることを見て、我がことのように感じる”共感”能力を司っていると考えられています。

このミラーニュートンの働きにより、人は、近くにいる人の言動や思考を無意識にモデリングしていると横山氏。
つまり脳は、良くも悪くも場の空気に大きな影響を受けているのですね。
緊張している人の近くにいると、自分にも緊張が「うつる」のは、まさしくミラーニュートンの働きだそうです。

もうひとつ、日本人は空気を読み取る力に長けているため、”場の空気”にとても影響を受けやすく、良い空気にも悪い空気にも感化されやすいとも。
加えて、日本人は、経済合理性に基づいた意思決定よりも「空気」によって判断する傾向が強いといわれており、そのため、「場の空気」がなおさら重要であると続けています。
12
dailymp4目指すのは、間違いを指摘し合える「締まった空気」

では、横山氏が理想とする「空気」とは?
それは、「締まった空気」です。

■ 上司も部下も関係なく、間違っていることを「間違っている」と互いに指摘し合える
■ 失敗した時に「言いわけしない」


この二つが「締まった空気」の条件とのこと。
対して、よろしくない空気として挙げられているのが……

緩んだ空気(なあなあの空気)
失敗した時に言いわけをする、間違いを指摘したら反論したり見て見ぬふりをしたりする

縛られた空気(ガチガチの空気)
失敗した時に言いわけをする、部下から上司には間違ったことを指摘できない

さらに、上記のような空気を放置しておくと、最悪の空気である「ほどけた空気」に。
「ほどけた空気」が蔓延しているチームや組織には、「目標など達成できるわけない」といった後ろ向きな発言を公然とする人が現れるなど、チームとして崩壊に向かっていると解説されています。