horo3341のCoD攻略日記

愉快に真面目に攻略♫

Fate プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ1〜10

f:id:horo3341:20150727152515j:plain
これまでのあらすじ
冬木市穂群原学園小等部に通う女の子イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは、ある夜飛来してきたカレイドステッキの人工天然精霊・マジカルルビーによって強制的に契約を結ばれ、魔法少女プリズマイリヤになる。

1イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(Illyasviel von Einzbern)
声 - 門脇舞以
f:id:horo3341:20150810175832j:plain
本作の主人公兼ヒロイン。愛称はイリヤ。誕生日は美遊、クロと同じ7月20日生まれ。
原作の設定とは違い、冬木に住むごく普通の女の子として生活している[注 5]。ある日、凛の元から逃げ出してきたカレイドステッキに見定められ、口車に乗せられるまま強制的に魔法少女にされる。
好きな人は士郎。
「逃げ足だけは1流」

マジカルルビー
声 - 高野直子
自称、愛と正義のマジカルステッキ。
「マスターいじりは私の生きがい」

カレイドライナー
2本1対の魔術礼装「カレイドステッキ」により魔法少女となった者の総称。ステッキの機能により、あらゆる並行世界にアクセスでき、これをもって無限の魔力と無限の可能性が顕現した姿を法則を飛び越えて現実の世界に呼び込む能力を持つ。
f:id:horo3341:20150810181133j:plain

2衛宮 士郎(えみや しろう)
声 - 杉山紀彰
f:id:horo3341:20150810181017j:plain
イリヤの義兄。ラッキースケベ
「料理に関して嘘は許さない」

クロエ・フォン・アインツベルン(Chloe Von Einzbern)
f:id:horo3341:20150810181034j:plain
声 - 斎藤千和
見た目はイリヤそのもの。肌は褐色で髪の色は銀色に近い。性格はやや狡猾かつアグレッシブ

並行世界
Fate』シリーズをはじめ、TYPE-MOON作品で頻出するキーワードの1つ。いわゆる「別の可能性を描いた世界」である。

3遠坂 凛(とおさか りん)
声 - 植田佳奈
ロンドン時計塔の魔術師にして、マジカルルビーの元マスター。

美遊・エーデルフェルト(みゆ・エーデルフェルト / Miyu Edelfelt)
f:id:horo3341:20150810182558j:plain
声 - 名塚佳織
サファイアが見つけてきたもう一人の魔法少女カレイドサファイア。原作には登場しないオリジナルキャラ。
イリヤのクラスに転校生として現れる。クールな性格

アイリスフィール・フォン・アインツベルン(Irisviel von Einzbern)
声 - 大原さやか
イリヤの母。

イッセイ
f:id:horo3341:20150810182519j:plain
ほも。

鏡面界
イリヤ達が暮らしている世界と平行世界の境界面にある、クラスカードによって造られた世界。区画が設定されており、英霊を倒すと消滅する。

4Fate/stay night』(フェイト・ステイナイト)は、2004年1月30日にTYPE-MOONから発売されたパソコンゲーム。ジャンルは伝奇活劇ビジュアルノベル
f:id:horo3341:20150819195158j:plain
概要 編集
どんな願いも叶えると言われる聖杯を手に入れるために、魔術師たちが神話や歴史の英雄の霊を召喚し殺し合う「聖杯戦争」。その聖杯戦争に巻き込まれた半人前の魔術師、衛宮士郎を巡る伝奇活劇ビジュアルノベルゲームである。
f:id:horo3341:20150819195217j:plain
本作品は、これまで同人サークルとして活躍していたTYPE-MOONの商業デビュー作品である。また、TYPE-MOONによる他の作品、『月姫』や『空の境界』などと同一世界での出来事を扱っていることでも知られている。これらの作品の間にはストーリーの直接的な関係はなく、それぞれの作品は単独で内容を理解することができるものの、共通の設定を背景に描かれており、クロスオーバーする部分も存在している。『月姫』同様ビジュアルノベル形式のゲームであり、「18禁のアダルトゲーム」というカテゴリに属してはいるが性的描写は控えめであるため、「ストーリー、設定面に比重を置いた伝奇活劇物」の色合いが強いゲームである。
f:id:horo3341:20150819195422j:plain
後年発売されたファンディスク『Fate/hollow ataraxia』も合わせた販売累計は約40万本におよび、アダルトゲームの実販売数が集計されるようになってからは(2011年時点でも)最高の売上を誇っている[1]。そのヒットの余波は凄まじく、本作発売当時はコミックマーケットをはじめとする同人誌即売会を本作品一色で埋め尽くし、普段アダルトゲームをプレイしない層にも「名前くらいは聞いたことがある」ほどの知名度を獲得した。インターネット上では「Fateは文学」というコピペも流行した[2]。

5第5話 浴衣と花火
イリヤたちの楽しい夏休みは終わらない! 浴衣に着替えたイリヤは、いつものメンバーと地元の夏祭りへ。ヨーヨー釣やくじ引きなどでお祭りを満喫するイリヤだったが、大変なことに気がついてしまう。下着をつけずに浴衣を着ていたのだ。そんなイリヤを、最大の悲劇が襲う!
f:id:horo3341:20150825105607p:plain
6庭のビニールプールで水浴びを楽しむアイリとリズ。そんな2人に巻き込まれ、イリヤとクロも水びだしに♪ 終りが近づく夏を楽しむイリヤたちに、ルヴィア邸の再建完了のパーティーのお知らせが届く。それは、8枚目カードの回収作戦開始の合図でもあった。決行は、今夜12時!
f:id:horo3341:20150903044728p:plain
78910