horo3341のCoD攻略日記

愉快に真面目に攻略♫

ヘビーオブジェクト1話

ヘヴィーオブジェクト』(HEAVY OBJECT)は、鎌池和馬による日本のライトノベル。イラストは凪良。2009年10月から電撃文庫アスキー・メディアワークス)より刊行されている。2015年4月現在既刊9巻。公式略称は『HO』。
f:id:horo3341:20151005023228j:plain
とある魔術の禁書目録』に続く2作目となる鎌池和馬の長編作品。戦争の形態や世界情勢が大きく変容した未来の地球を舞台に、超大型兵器『オブジェクト』が織り成す戦争を描いたSFアクション作品。キャッチコピーは「近未来アクション・ボーイミーツガール」[1]。
f:id:horo3341:20151005023343j:plain
1作目の『禁書目録』とは打って変わって魔術や超能力といったファンタジー設定や超常現象は一切存在しないが、代わりに科学方面に大きく傾倒しミリタリー色が強いSF作品となっている。
1話あらすじ
人々が望んでも、戦争が無くならない未来。繰り返される殺戮の中、既存の兵器では歯が立たない超大型兵器『オブジェクト』が跋扈する世界。オブジェクトの設計士を目指す学生・クウェンサーは自ら戦場に赴き、そこでオブジェクトのパイロット『エリート』として生きる少女・ミリンダに出会う。そしてある作戦以降、腐れ縁の相棒・ヘイヴィアと共に生身でオブジェクトと戦う日々が幕を開ける。
★オブジェクト
動力炉を中心に配置する球形本体だけで直径およそ50m、砲の長さまで合わせればそれ以上のサイズ、平均質量は20万tを超える新兵器で、作中では、人間同士が直接交戦せずに済むクリーンな戦争の代名詞とされている。機銃や砲弾、ミサイルなどが豆鉄砲扱いになるほどの、桁外れの戦闘力を持つ。そのため戦争ではどちらのオブジェクトが強いか、数が多いかという点で勝敗がきまる。
★オニオン装甲(タマネギ装甲)
オブジェクトに使われている装甲。高耐火反応剤を絶妙なバランスで混合した鋼板を何十何百と重ねた積層構造(耐核用の鉛の層も含む)となっており、それによって従来兵器を無効化する圧倒的な堅牢さと核爆発すら耐える驚異的な衝撃拡散効果を有する。