horo3341のCoD攻略日記

愉快に真面目に攻略♫

コンクリートレボルディオ1話

秋アニメ編スタート(^q^)!
超人になりたい…

コンクリートレボルディオ
f:id:horo3341:20151009211349j:plain
「もうひとつの日本」を舞台にして繰りひろげられる、多彩な超人たちの饗宴――。
「神化」という架空の年代、高度成長によって発展する戦後20余年の日本が舞台である。

これまで数々のフィクションで描かれてきた、数々の「超人たち」が、もしすべて同時に実在していたとしたら?
登場する「超人」たちは、誕生も特性も、実にさまざまだ。
宇宙から来た巨人、ファンタジー世界の生命体、古代から妖怪とされてきた存在、科学者に改造されたサイボーグ、太古に滅亡した巨大文明の遺産などなど……。
一部の超人は公然と活動して世間から人気を集め、一方で素性を隠しながら密かに戦う超人もいる。そして超人に対抗する敵勢力、組織もまた、それぞれ暗躍を続けている。

日本政府は、秩序確保のために多様な手を打った。
そして設立された組織のひとつが、厚生省の外郭団体「超過人口審議研究所」である。
その通称は「超人課」――「超人」を発見・確保し、保護し、安全に管理するのが任務だ。
超人課に所属するメンバーの一人、人吉爾朗(ひとよしじろう)が、本作の主人公である。
★キャラクター
人吉爾朗 ひとよしじろう
CV:石川界人
f:id:horo3341:20151009213408j:plain
普通の人間ながら、「超人課」に所属して事件解決に活躍する20代前半の青年。正義や善意を信じており、自分の力を世のために役立てようと「超人」たちを守る戦いを続けている。出生の事情は不詳の孤児であり、人吉孫竹博士の養子として育てられた。神化20年生まれの青年・爾朗の行動原理は、神化41年前後と神化45年前後とで大きく異なっている。その間に、何があったのか? 2つの時制を往還しながら、物語は「超人」たちに秘められた真相を浮き彫りにしていく……。
星野輝子 ほしのきっこ
CV:上坂すみれ
f:id:horo3341:20151009213349j:plain
10代半ばの女子中学生。ウェイトレスとしても働いていたが、その正体は「魔法使い」である。物理法則とは根底から異なる数々のパワーを発揮し、難事件に対処する。爾朗にほのかな気持ちを寄せている。
1話「東京の魔女」時は神化40年代――日本では巨大宇宙人、スーパーロボット、妖怪などの「超人」たちが活動していた。
怪事件を起こす一方、破壊を食いとめて人を救うこともある「超人」たち。
その登録と保護を任務とする「超人課」所属の人吉爾朗は、喫茶店でウェイトレスをする星野輝子のスカウトに来た。
彼女は「魔女っ子」タイプの超人なのだ。その眼前で正義の超人グロスオーゲンとS遊星人の戦いが始まり、爾朗と輝子も参戦を余儀なくされる。