horo3341のCoD攻略日記

愉快に真面目に攻略♫

COD BO3 ゾンビモード武器一覧

懐かしのゾンビBGMゾンビモード武器解説
f:id:horo3341:20151202144736j:plain
最強の対ゾンビ武器はなんだ!? 
f:id:horo3341:20151202144819j:plain
複合銃
f:id:horo3341:20151202144842j:plain
スコップ
f:id:horo3341:20151202144904j:plain
ライフル銃
f:id:horo3341:20151202145404j:plain
ショットガン
f:id:horo3341:20151202145626j:plain

f:id:horo3341:20151202145418j:plain
バット
総評と解説
武器バグ情報(Ver1.3時点)
ハンドガン
サブマシンガン
アサルトライフル
ライトマシンガン
ショットガン
スナイパーライフル
ランチャー
ワンダーウェポン
チャージウェポン
その他
再改造による特殊効果

総評と解説

今作の登場武器はゾンビモードシリーズの中では比較的、性能差はマイルドになっている。
悪名高い産廃武器を多数輩出したCod:BO2のゾンビモードに比べれば、かなり良心的なラインナップ。
無論、「ハズレ」に相当するような低火力な武器が無いわけではないが、序盤でミステリーボックスに挑戦しても、大抵何とか凌げる程度の武器は手に入る。(BO2ではプレイ自体が詰むような武器も多く登場した)
今回、ウォールバイとミステリーボックス(M.BOX)両方から出現する武器があるので注意。
所持している壁武器の弾を買う場合、武器本体の半額で買える(端数切り上げ)

加え、今作からマルチプレイと同様に武器のランクアップシステムが登場。
使い込むことでアタッチメントをアンロックして強化できる。
愛銃をしっかり使い込んで切り札に育てるも良し。満遍なく使って何を手に入れても無難に戦える程度にカスタムしておいても良し。
改造方法ちなみにお馴染みの武器改造は、Cod:AWの「EXOゾンビ」のグレード制とは異なり、基本的に一回だけ。
また、改造武器を一度でも失えばリセットされ、次に同じ武器を手に入れた時は未改造状態となる。
改造武器を「再改造」すると、今回はランダムに特殊能力が付与される。
特殊能力は、ランダムに爆風を発生させ敵を薙ぎ倒すものや、倒した敵を味方に変えるものなど、非常に有用な攻撃力を付与してくれるため、ポイントに余裕があれば必ず再改造しておくと役に立つ。
特殊能力のお陰でいつでも弾薬を補充出来る壁武器の価値がより上がった。


武器バグ情報(Ver1.3時点)

アタッチメント「Varix3」にバグが多い。
好みでない限り、パッチで改善されるまでVarix3の装着は避けるのが無難。
アタッチメントの「Varix 3」を装備し低倍率モードにすると、再強化時の武器特殊能力が消える。
 対策→ 高倍率モードにすると戻る。
Varix3を装備し改造した武器を持った状態で、Perkミュールキックを使って3つの強化武器を所持すると、3つ目の武器が取り出せなくなることがある。
 対策→ 2つの武器が弾切れになると、自動的に3つ目の武器に切り替わり、持ち替えができるようになる。
紫のゴブルガム(任意で使用するタイプのもの)を使用した後、武器切り替えが一切使用できなくなることがある。弾切れになっても切り替わらない。改造もできない。詳細な発生条件は不明。
 対策→ スペシャルウェポンを取り出すと正常に戻る。もし持っていない場合、弾切れになると完全に詰む。

全武器改造と性能調査ハンドガン

基本的には威力も使い勝手も初期武器レベル。
購入して入手できるマシンピストル系は弾数が多くポイント稼ぎに良いが、威力が低いので危険度は上昇することに注意。
初期装備のハンドガンについては強化すると性能が激変するため、一転、便利な突破武器となる。

画像 武器名 射撃方式
弾数
(改造後) 改造効果 入手法 解除クラス

MR6
f:id:horo3341:20151202135511j:plain
セミオート 8/80(初期:32)
(6-6/50) デュアル化
グレネード弾化
装弾数減少 初期装備 なし
考察
『The Giant』での初期装備。BO2までのM1911に相当する。
レートが高く、リロードが早いのが特長だが、全武器中もっとも威力が低い。開始直後は、これで敵にダメージを与えながらトドメはナイフで〆ることで、上手く初期費用を稼ごう。4ラウンド以上になると弾数の関係もあり使い物にならなくなるので、新しい武器を調達しよう。
さっさと棄ててしまっても良いが、ナイフの出が極めて早いという特長を生かし、インスタキル発動時はこれに持ち替えておくと稼ぎの効率化に繋がる。
本来は第二次世界大戦時代の人間だったはずのプレイヤー4人が、何故この未来の武器を手にしていたのかは謎。
なお、初期武器については一切のカスタマイズができない。

改造後
【Death & Taxes】/【デス&タックス】
デュアル化し、弾が爆発弾になる。Cod:BOからのゾンビモードプレイヤーにはお馴染み。
火力が非常に高いが、自爆リスクが高く弾数は多くないので、緊急用の切り札となる。ダウンした仲間を助けに行く際など、強引に道を切り開きたい時に有用。
また、マックスアモが確実に手に入る時、取る前に乱射しまくってみるのも楽しい。ゴブルガム『耐爆』があればさらに楽しいパレードが開けるが、遊びすぎていざという時の弾切れには注意。

Blood Hound
f:id:horo3341:20151202135534j:plain
セミオート 8/80(初期:32)
(8-8/48) デュアル化
グレネード弾化
装弾数減少 初期装備 なし
考察
『Shadows of Evil』での初期装備。BO2までのM1911に相当する。
従来の初期武器よりも威力が少し向上しており、第1ラウンドのゾンビを胴体3発でキルできる(M1911やMR6は6発)。
そのため、MR6よりもいくらか長くバックアップガンとして使えるが、他の武器に比べては低威力なので過信は禁物。また、リロード速度やアイアンサイトの視認性に劣る。
強化すると非常に強力だが、パックアパンチマシンに辿り着くまでの道のりが長いので、それまで武器枠を一つ事実上潰した状態でどこまで乗り切れるか。プレイに慣れるまでは早い段階で別の有用な武器に持ち替えてしまった方がいい。
S&W M327に似た8連発リボルバーだが、シリンダーが斜めにスイングアウトし、おまけに撃つと常にハンマーコック状態になっている謎の構造をもつ。
なお、MR6同様に一切のカスタマイズができない。

改造後
【Meat Wagon】/【ミートワゴン】
デュアル化し、弾が爆発弾になる。
性能についてはMR6と同等だが、見た目やリロードはかなり渋い。退路の確保やボスクリーチャーの撃破に役に立つ。
自爆ダメージには注意。今回はゾンビの攻撃の出が速いので、自爆して体力を消費していると、あっという間に倒されてしまう。ゴブルガム『耐爆』で対策出来るが、ゴブルガム自体が1ラウンドに1回しか抽選できないランダム要素の為、武器自体の入手時期の問題もあり、スムーズに戦略へ組み込むのは少し難しい。

RK5
f:id:horo3341:20151202135558j:plain
3点バースト 15/120
(30/180) 500pt Lv9
考察
前作のB23Rに似た性能の武器だが500ptと安くなった。初期武器よりも少し威力が高いバーストハンドガン。
武器の性能自体は優れているとは言えないが、初期ハンドガンの上位互換として、序盤の稼ぎの主力として使える。コストが安価なので補給も予算を圧迫しにくい。
ただし、当然リスクが伴うことには注意。囲まれると突破に使うにはかなり苦しい。
使い勝手は前作のB23Rに近いが、入手コストが大幅値下がりした反面、威力は低下している。

改造後
【Rex-Kalibur 115】/【レックス-カリバー115】
威力と弾数は上昇するが、やはりハンドガンのため弾数が少なく感じてしまう。
序盤はバーストのため威力オーバーになりがち、中盤辺りなら小塚い稼ぎにはなるが、弾がすぐに尽きてしまうのであまり頼りない。
改造するほどの価値はないので、遊び目的に使ってみるのが最適。

L-CAR 9
f:id:horo3341:20151202135630j:plain
フルオート 20/160
(40/200) 750pt Lv22
考察
性能としてはSMG下位互換だが、ウォールバイSMGが地味に値上がりしているため、コストの低さが唯一の利点。とにかく初期費用をケチってガンガン進みたい人向け。
最序盤で買える為、ポイントも稼げる護身用火器として役に立つ。あまり長く使っていると突破力のなさで命取りになるので、コストに余裕が出来たら別の優れた武器に交換しておくことを忘れずに。

改造後
【Flux Collider 935】/【フラックスコライダー935】
威力と弾数が上昇するものの、サブマシンガンに比べて性能が頼りない。マックスアモに恵まれていなければ、大抵はコスト赤字となってしまう。好みでなければ、わざわざ改造する理由は無いだろう。


サブマシンガン

連射により対多数の戦闘にも対応でき、機動力を高く保つことが出来るのが特徴。
ウォールバイで手に入れることが多いので、序盤での主力武器としてだけではなく、近くでトレインする場合にも大変お世話になる。
反面、敵が強化されてくると威力不足が苦しい。
改造しても性能の伸びしろが大きくないので、殲滅用の火器としては少々決定力に欠ける。
その一方、慣れたプレイヤーが超高ラウンドを目指す場合、再改造で特殊効果を付与した壁武器のSMGが機動力と弾の安定供給から選択されることが多いことにも注目したい。

画像 武器名 射撃方式
弾数
(改造後) 改造効果 入手法 解除クラス

Vesper
f:id:horo3341:20151202135652j:plain
フルオート 30/210
(60/360) 1250pt Lv4
考察
ウォールバイとして購入可能。レートが高いためリロードが頻繁に必要になるが、必要最低限の性能は確保されているのでトレイン場所の近くに購入出来る場所があるなら選択肢には入る。


改造後
【Infernus】/【インフェルナス】
装填数が60になるので撃ち切りにくくなる。基本的には凡庸な性能だが、壁武器特有の弾薬補充の手軽さと再改造の特殊効果の強さから、SoEの商店街地下などでトレインする場合はメインウェポンと化す。

VMP
f:id:horo3341:20151202135714j:plain
フルオート 40/240
(40/480) pt Lv8
考察
連射速度が高く、弾数が豊富なので、序盤の主力武器として活躍できる。アンロックが比較的早いので、使い込んでカスタマイズしておくと安定感の向上に繋がる。

改造後
【The Impaler】/【インペーラー】
弾数が豊富で、よほど無駄撃ちしない限り、弾を補充しても黒字を維持できる。威力はそれほど上昇しないものの、レートと弾数で圧倒できる為、非常に使い勝手がいい。

Kuda
f:id:horo3341:20151202135731j:plain
フルオート 30/210
(50/350) 1250pt Lv16
考察
集弾性能が高く、旧来のMP5を思わせるような中庸の安定性を持つSMG。精度に優れる為、サイト系のアタッチメントを搭載しておくとヘッドショットを狙うのも容易になる。初心者から上級者まで使いどころのある武器。

改造後
【Crocuta】/【ハイエナ】
完全なトレイン専用武器。威力はそれほどでもないが、ポイントがとても稼ぎやすいので中盤辺りは役に立つ。
ラウンドが上がってくるとポイントをあまり使わなくなるので、火力不足になりがち。弾薬を常に補充できるなら特に問題はないのだが、とてもトレインできるような場所に売っていないので、高ラウンドでの使用は多少腕が必要。

Pharo
f:id:horo3341:20151202135752j:plain
4点バースト 40/?
(60/300) M.BOX Lv23
考察
産廃と噂される武器。低威力でバーストなので、SMGながら瞬間火力が低く集団戦に弱い。小遣い稼ぎには使えるが、弾が少ないので使い込もうにも持久力がない。適当に使って棄てるのが吉か。

改造後
【Whispering Regurgitator】/【ウィスパリング・リガージテーター】
弾数と装弾数が共に増加するもののSMGの中では最低。加えてバーストなのでやはり消耗が激しい。
弾の消耗が早いSMGにおいて手軽に補給する手段が確保出来ないのは致命的。改造しても使う機会はかなり限られてしまう。

Weevil
f:id:horo3341:20151202135810j:plain
フルオート 50/350
(100/300) M.BOX Lv29
考察
前作のPDW-57と似た性能の武器。装弾数の多さが最大の利点。威力は平凡だが、弾数に任せた制圧射撃が出来るので、中盤あたりまでは優れた突破力を発揮する。篭りよりも、トレイン向きの武器。

改造後
【Barrage】/【弾幕砲火】
SMGながら装弾数は100と驚愕の数値を誇る。加えてリロードも早い。トレイン時に弾のバラ撒き→PaPの特殊効果発動の恩恵を受けやすい。
最大の欠点は弾数が全く増えておらず、かつ補充もしにくい点。壁武器のSMGを改造した場合と同程度の弾数で、しかも消耗も他のSMGと同様に早いため、装弾数が多い以外はメリットが無い。

Bootlegger
f:id:horo3341:20151202160410j:plain
フルオート 32/192
(64/320) 2000pt or M.BOX なし
考察
『Shadows of Evil』に登場する武器。ステン短機関銃に酷似したデザインを持つ。性能は平均的。
ウォールバイできるが、ミステリーボックスからも出現する武器。レトロな武器が好きなプレイヤーなら良いが、そうでなければあまり持ち続ける理由が無いかもしれない。弾切れも早く、補充には一々列車内に行く必要があるので、それなりのリスクがある。
使い込んだからと言ってアタッチメントの類も無いのがまた惜しい
改造後
【Ein Sten】/【アイン ステン】
マガジン容量が増加し、さらに制圧能力が高まる。ただ、所詮はSMGなので敵の弱点をしっかり狙わないとすぐに弾切れする。コスト赤字にならないよう利用は計画的に。


アサルトライフル

性能が個性的で、武器によって使い勝手がかなり異なる。
ライトマシンガンが相対的に弱体化したため相対的に価値が上がった。
優れた性能の武器は、使い込めば高ラウンドまで戦い抜ける。

画像 武器名 射撃方式
弾数
(改造後) 改造効果 入手法 解除クラス

ICR-1
f:id:horo3341:20151202140205j:plain
フルオート 30/?
(45/360) M.BOX Lv2
考察
初期にアンロック出来るが性能はAR中ではトップクラスに高い。
基本威力はそれほどでもないが、ヘッドショットの威力補正がとても高く、ほとんど無反動な射撃性能と相まって非常に強い。
弾の補給がネックになるので、フルオートでばら撒くよりも、指きりでバースト射撃をして精度を生かした弾の節約をしたい。
早期のアンロックであることを利用し、入手したらしっかり使い込んで各種サイトや便利なアタッチメントを多く解除しておけば、シビアな戦いに非常に役立つ。
前作で言うM27のポジションに近い

改造後
【Illuminated Deanimator】/【イルミネーテッド・ディアニメーター】
リロード速度が上がり、ヘッドショットを含めた威力がさらに向上する。しかし弾数がARの中では少ないので指切りを活用した弾の節約を。

KN-44
f:id:horo3341:20151202140228j:plain
フルオート 30/210
(50/350) 1400pt Lv7
考察
安定した威力と性能を持ち、ウォールバイで弾の補給も可能なので、抜群の信頼性を誇る。手持ちの武器が不安な時はとりあえず買っておけばよく役に立つ。アイアンサイトも見やすい。

改造後
【Anointed Avenger】/【ホーリー アベンジャー】
拡張マガジンが装備される。特に目立った鋭い性能はないが、とにかくクセがなく安定しているので無難に高ラウンドまで戦える。

M8A7
f:id:horo3341:20151202140247j:plain
4点バースト 32/256
(48/480) 1500pt Lv17
考察
ウォールバイで購入可能な4点バースト武器
ウォールバイのバースト武器ということで過去作のM16に似たような性能。バーストゆえ殲滅力がそこまで高くなく、率先して買う意味は薄い。
特に同じアサルトライフルのウォールバイでライバルであるKN-44が使いやすいのが痛い
改造後
【The Unspeakable】/【アンスピーカブル】
4点バーストはそのままなので単純に威力を上げる強化となる
普通はそこまで率先して入手する銃では無いが、壁武器故に弾薬の補充が容易な点は魅力
SoEの運河エリアのゾンビシールド作成最有力の製作台近くでウォールバイで売ってる為、付近でトレインを行うなら有力な選択肢になる

Sheiva
f:id:horo3341:20151202140309j:plain
セミオート 10/100
(30/270) 500pt or M.BOX Lv20
考察
旧来のゾンビモードのM14ポジション・・・と思いたいがどう考えても性能、見た目ともに前作、BO2のSMRである。当然今作も産廃
その場凌ぎ程度の威力しかなく、連射速度、装弾数も劣るので、進んで買う意味は無い。
厄介なのは、ミステリーボックスからも出現する所。無論、性能はウォールバイと同じなので、もし引き当ててしまったら声高に叫ぼう。「F●ck!」

改造後
【Cumulus Struggle】/【キューミュラスストラグル】
ヘッドショットを狙えば使えないこともないが、再改造による追加効果なしでの使用はかなりキツい

HVK-30
f:id:horo3341:20151202140331j:plain
フルオート 30?/300?
(60/480) pt or M.BOX Lv25
考察
過去作のCOMMANDOやMTAR21に似た性能の武器。アサルトライフルだが、性能はSMGに近い。低威力で高連射速度なので、ポイントはガンガン入るがKN-44などと比べると弾持ちが悪い。弱い武器ではないが、頻繁な弾の補充が必要になること必至なので、購入場所に近い場所を戦闘の拠点にする以外ではあまり利用価値が少ない。
あくまで個人的好みだが、黒系の迷彩を施すとAR15系スポーターライフルに近い見た目になるので、現代銃が好きなプレイヤーは、カスタマイズも合わせれば愛着が湧くかもしれない…。
ちなみにM.BOXからも出現する。

改造後
【High velocity kicker】/【ハイパーベロシティーキッカー】
装弾数が倍になるので非常に高い継戦能力を誇る。威力もそこそこあるので壁武器としてはかなり優秀な部類に入る。

Man-O-War
f:id:horo3341:20151202140352j:plain
フルオート 30/270
(40/440) pt Lv31
考察
前作のSCAR-Hと同じ性能の武器。高威力の低レートフルオートで、6RまでHS一撃。
ミステリーボックス武器なので弾の補充の問題は残るが、所持弾数が豊富で中盤で安定して戦える。
アイアンサイトの視野が狭く、カスタムのアンロックがかなり遅いのが欠点。

改造後
【Dread Armada】/【ドレッド アルマダ
弾数、威力と共に申し分ない性能となるが、レートが遅くダブルタップの恩恵もあまり受けられないので突破力に少々欠ける。しかしながらARの中では使いやすい武器である。


ライトマシンガン

Cod:BO2までは文句なしのアタリだったが、今回は性能の大幅変化により使いやすい武器が減った。
全体的に装弾数が大幅カットされてしまったので、リロードの遅さによる継戦能力の低さが気になる。機動性が最低なのもゾンビの攻撃頻度が上がった今作ではかなり辛い。
武器によっては篭りにすら早期でお役御免となりがち。アサルトライフルを選択した方が良い場合もある。

画像 武器名 射撃方式
弾数
(改造後) 改造効果 入手法 解除クラス

BRM
f:id:horo3341:20151202140420j:plain
フルオート 75/?
(100/700) pt Lv12
考察
元も旧来のLMGに近い使い方が出来るLMG。そこそこの威力と弾数があるので、篭りにも使いやすい。逆に尖った性能がないのが欠点といえば欠点。取り回しが重いので、トレインをする場合は注意。

改造後
【Blight Oblivion】/【ブライト オブリビオン
弾数が増加し制圧射撃能力が向上する。高ラウンドで篭りをするなら使おう。

Dingo
f:id:horo3341:20151202140440j:plain
フルオート 80/480
(120/600) M.BOX Lv19
考察
標準的な威力、高レート、豊富な装弾数を持ち、非常に使いやすいLMG。制圧能力に優れており、長く使い込むだけの価値は充分にある。リロードもドラムマガジン式でLMGの中では早いので、高性能なのでLMG組では最もアタリと言っていいだろう。

改造後
【Dire Wolf】/【ダイア ウルフ】
トップクラスの装弾数、高レート、高威力、早いリロードと取り回し以外では文句なしの武器。篭りをする際に一丁は持っておくと心強い。

48 Dredge
f:id:horo3341:20151202140503j:plain
6点バースト 60/300
(120/720) M.BOX Lv27
考察
強制6点バースト射撃なので弾持ちがだいぶ悪く、かといって集団に対する制圧能力も微妙なので、取り回しの重さとリロードの致命的な遅さばかりが気に障る。
弱いわけではないのだが、LMGとして見るとデメリットが目立つので、適当にポイントを稼いだら別の武器に切り替えてしまってもいい。

改造後
【Trapezohedron Shard】/【トラペゾヘドロン シャード】
相変わらずバースト射撃。装弾数は2倍になるが、弾の消費が激しいのには変わりない。

Gorgon
f:id:horo3341:20151202140530j:plain
フルオート 40/160
(100/500) pt Lv31
考察
マルチでは高火力低レートでおなじみのLMG。・・・しかしゾンビモードでは低レートの割には威力がそこまで高くないので使いにくい。ARに毛の生えたような装弾数しか無い割りに、リロード速度は非常に遅いので、長く使うつもりならPerkドリンクで火力やリロード速度を補正していく必要がある。

改造後
【Athena's Spear】/【アテナの槍】
装弾数、予備弾数共に大幅に上がり、最も弾持ちが良い武器になる。が、相変わらずの低レートなので、ヘッドショットを狙って使用しないと運用が難しい。


ショットガン

今作ではショットガンの攻撃力と使い勝手が大幅強化され、弾数にも余裕がある。
一丁は所持しておくと緊急時の殲滅用として非常に役に立つ。
特に改造後の性能が凶悪で、弾の補給さえ充分にあれば30ラウンドを越えるまで無双が可能。
ただし攻撃ポイントが散弾一発当たりで加算されず、一まとめで一発の攻撃扱いとなるので、稼ぎには不向き。

画像 武器名 射撃方式
弾数
(改造後) 改造効果 入手法 解除クラス

KRM-262
f:id:horo3341:20151202140558j:plain
ポンプアクション 8/48
(16/64) 750pt Lv5
考察
安いわりに、強力な性能を持つショットガン。序盤は一撃必殺の為、初心者は持っておくと安心できる。デメリットはリロードの遅さと、ポイントの稼ぎにくさ。
ダブルタップのPerkドリンクを飲んでおけば威力が倍増し、しばらく他の武器が何も要らなくなる。

改造後
【Dagon's Glare】/【ダゴンの眼光】
威力が大幅に上昇し、これで倒された敵が爆散するエフェクトがつく。連射速度がセミオート並みとなり、リロードの速度も大幅に向上する為、立ち回りがよほど下手でなければ30ラウンド近くまでヌルゲーになる。
なお、アタッチメントのファストマグを付けていると、改造によるリロード速度向上の恩恵が得られないバグがある。

Argus
f:id:horo3341:20151202140618j:plain
レバーアクション 10/?
(32/96) M.BOX Lv13
考察
渋いレバーアクションショットガンで、KRM-262よりも威力が高く、またリロードがマガジン交換で一括で行われるのがメリット。
射撃のたびにコッキングが入るが、エイム中は銃がほぼブレないので、安定して狙いをつけられる。

改造後
【Ancient Messenger】/【エンシェント メッセンジャー
ショットガンにあるまじき装弾数の多さになる。ゾンビがあまりに簡単に消し飛ぶので、篭りに使用すると、次から次へとゾンビをポンポン昇天させるリズムゲームのような感覚に陥る。

205 Brecci
f:id:horo3341:20151202140645j:plain
セミオート 12?/?
(24/96) M.BOX Lv18
考察
セミオート、マガジン式となり、欠点らしい欠点が無くなったショットガン。
主力に使っても良いが相変わらずポイントは稼ぎにくいので、緊急時の突破用武器として温存しておくのも良い。

改造後
【Stellar Screech】/【ステラ スクリーチ】
威力と弾数が向上する為、鬼のように強い。これがあればしばらく倒されることはなくなるだろう。

Haymaker 12
f:id:horo3341:20151202140707j:plain
フルオート 16/?
(25/125) M.BOX Lv33
考察
弾持ちが少し悪いが、それでも他のSGと同様に強力な火器であることは変わりない。フルオート連射が可能の為、さらに突破力が高い。

改造後
【Shoeshining 100】/【シューシャイニング100】
威力と共に弾も多く増加するので、突破用武器としては申し分ない。205 Brecciと同時に持てば、ワンダーウェポン要らず。


スナイパーライフル

一撃の威力と貫通力が高く、ヘッドショットに対する威力補正も大きいのが特長。
ボルトアクションタイプの武器は接近戦に弱いので、上手い運用にはテクニックが必要。
セミオートタイプは連射に任せたゴリ押しが出来るのでいくらか使いやすい。
武器レベルを上げて低倍率のサイトに交換すれば、対応力が向上する。
改造すると中二病のような名前になる。

画像 武器名 射撃方式
弾数 (改造後) 改造効果 入手法 解除クラス

Locus
f:id:horo3341:20151202140728j:plain
ボルトアクション 10/60
(25/100) pt Lv11
考察
過去作におけるL96A1、DSR50のポジションに位置するボルトアクションスナイパー。未改造でも威力が非常に高いのだが、スナイパーの特性上、クロスヘアが大きく臨機応変な対応が難しいのと、残滅力に欠けるので上級者向けの武器。
しかしながら今作ではリーコンやELOなどのサイトを装着することにより、スコープが苦手な人でも運用しやすくすなった。
改造後
【Arrhythmic Dirge】/【無韻律葬送歌】
装弾数が大幅に増えるので下記のバハムートに負けず劣らずな性能となる。しかし動作は遅いままなのでやはり緊急時には攻め込まれやすい。威力はダブタ込みで30R以上のゾンビをHS一撃で倒せる程度。過去作ボルトアクションライフルと取り回しがあまり変わらないのでそれらに使い慣れた人はこの銃でゾンビを蹴散らすことが出来るだろう。

Drakon
f:id:horo3341:20151202140750j:plain
セミオート 20/100
(20/140) M.BOX Lv14
考察
スナイパーだからと言って、食わず嫌いするのが勿体無いほど高性能な武器。セミオートなので他のSRよりは小回りが利くのが利点。
火力も申し分なく、ダブルタップと合わせれば未改造でもかなりのラウンドまで敵を一撃で粉砕出来る。
低倍率サイトを付ければセミオートARのような扱いもできる。
改造後
Bahamut】/【バハムート】
ドラゴンを連想される銃名からか、名前が竜王としてお馴染みのバハムートとなる。
性能としては純粋に威力が強化され、更に高ラウンドでも戦えるようになる。
ただし装填数と予備弾数はそこまで増加しないのが短所。

SVG-100
f:id:horo3341:20151202140807j:plain
ボルトアクション 6/60
(10/100) M.BOX Lv24
考察
ボルトアクション。威力はLocusをも凌駕するがオーバーキル感が否めない。
加えてリロード、コッキングも上記二つのスナイパーより遅いので実質下位互換か。
改造後
【Ikken Hissatsu】/【一撃必殺】
超兵器のような一撃死の武器を除くと恐らくゲーム中最高の威力を誇る。しかし前述の動作は遅いままなので高ラウンドを目指すにはあまり向いていない。名前に突っ込んではいけない。

ランチャー

ゾンビモード伝統のネタ武器枠。
メインで使うには弾が少なく、緊急時に使うにも自爆のリスクが怖く、いわゆるストレス解消用。

画像 武器名 射撃方式
弾数 (改造後) 改造効果 入手法 解除クラス

XM-53
f:id:horo3341:20151202140823j:plain
単発 1/12?
(2/20) M.BOX Lv28
考察
過去作のロケットランチャーと比べ弾薬の数が非常に少ない。そのためますますロケットランチャーの需要がなくなってしまった。ミステリーボックス中で一番のハズレ武器と思われるだろう。
ランチャーのため自爆ダメージは勿論、更に威力もそれほどない。
おまけにチャイナレイクよりも爆破範囲が狭い。余程の物好きでもなければ、すぐに棄ててしまおう。

改造後
【Heliacal Incandescence】/【ヘリアカル ヒート】
ロケットランチャーを改造すると鬼連射ができる!...という夢までもが打ち砕かれてしまった性能である。装弾数が2発のため、前作のランチャーほど派手に撃つことはできない、かと言って特に威力が高くなる訳でもなく、改造費の無駄遣いと言うことを思い知らされる。


ワンダーウェポン

ゾンビモード固有の強力な武器。

画像 武器名 射撃方式
弾数 (改造後) 改造効果 入手法 解除クラス
Ray Gun / レイガン
f:id:horo3341:20151202141223j:plain
セミオート 20/160
(40/200) M.BOX なし
考察
もはやお馴染みの日本帝国軍最終兵器。銃器が大幅にリニューアルされた本作でも無事登場しCod:WaWのゾンビモードから皆勤賞。
小範囲に爆発する光線を発射できる。そのため、直接敵の体を撃つよりも地面に当てて爆風に巻き込んだ方が使いやすい。至近距離で使うと自爆するので注意。強力な威力のわりに弾数も豊富で、性能はトップクラス。見た目のダサさが唯一の欠点。
Cod:BO3はグラフィックの美しさが大幅に向上したが、レイガンだけは前作よりもやけに質感がさらに玩具っぽくなった。ただし発射する光線はとても鮮やかで綺麗。
レイガンは地味に毎作品ごとにデザインが小変更されているが、今回は謎のメーターが装備され、リロード時にセルを二個入れるのが大きな特徴。リロード速度はほぼ変わっていなく、リロードキャンセルも相変わらずできない。


改造後
【Porter's X2 Ray Gun】/【ポーターX2レイガン】
威力がさらに向上し、自爆ダメージが減少。30ラウンドでも篭りに使えるほど性能が高い。
光線の色は鮮やかな赤に変化。オンラインで未改造のレイガン(緑)も混ぜてみんなで使うととてもカラフル。
残念なことに再改造は出来ないので特殊効果が付与出来ない。その為、超高ラウンドを目指す場合は外れ武器となってしまう

Wunderwaffe DG-2
f:id:horo3341:20151202141249j:plain
セミオート 3/15
(6/30) M.BOX なし
考察
Cod:BOにも登場した電気銃。ミステリーボックスから無条件で入手出来るが、1丁誰かが入手すると2丁目が出なくなる。
敵を即死させる電撃弾を発射し、付近にいる敵にも電撃が連鎖してまとめて倒すことができる。近距離で使用すると自分も大ダメージを受けるので注意。リロードは非常に長い。
弾速の概念があるので、オンラインでは回線状態が悪いと非常に当てづらい。直接当てるよりも範囲に巻き込むような感覚で、地面などを狙って撃つのがいいかもしれない。今作では、着弾してから感電、死亡するまでの時間がかなり長くなっており、感電直後の敵に殴られてダウンしてしまう危険があるためWaW、BOの感覚で使用すると、痛い目に合うことも...

改造後
【Wunderwaffe DG-3 JZ】/【ヴンダーヴァッフェDG-3JZ】
電撃連鎖の範囲が増加する。弾数も増加するので、敵の硬い高ラウンドでも大いに役立つ。
…はずなのだが、現状では電撃を直撃させても死亡せず、派手な銃声が鳴るだけの玩具屋に売っている子供用光線銃のような有様になってしまうので、パッチが当てられるまでは改造しないほうがいいかもしれない。
追記 現在はパッチが当たり問題なく撃てる。

Mar-Astaqua / マル-アスタグワ
f:id:horo3341:20151202141440j:plain
1/9 (1/24) 組み立て なし
考察
『Shadows of Evil』に登場。ブラックホールを発生させる。
1丁誰かが入手すると2丁目が出なくなる。3つのパーツで作成することができ、獲得した後はミステリーボックスから出現するようになる。
ブラックホールは一定時間ゾンビを吸い込んだ後、衝撃波で周りのゾンビを吹き飛ばす。
マルグワにも効果があり、直接ダメージを与えることはできないが、ブラックホールが消滅するまでその位置にマルグワを拘束することができる。
ちなみに特殊な方法で4人持つことも可能。
追記 現在はパッチで一人しか持てず、ゴブルガム「武器の恵み」を使って二人以上が取ろうとすると次のラウンド蘇生時にレイガンと入れ替わる。

改造後
【Mar-Astaqua Arbgwaoth】/【マル-アスタグワ・アルブグワオス】
シャドウマン戦後にPaPできるようになる。以前は特殊な方法でパックアパンチに無理矢理ねじ込むことができたが、現在はパッチが来ており、ねじ込む事は出来なくなり、正規の方法(シャドウマン戦後にPaPに入れる)と、ゴブルガムの「刹那の強化」でしか改造は出来なくなった。改造すると弾数が増え、ブラックホールの接続時間が上昇し、ブラックホールの色が紫から赤に変わる。
Lor-Zarozzor / ロル-ザロゾール 1/9
(1/24) 組み立て なし
考察
『Shadows of Evil』に登場。同じくブラックホールを発生させる。

改造後
【Lor-Zarozzor Arbgwaoth】/【ロル-ザロゾール・アルブグワオス】
Kor-maroth / コル-マロス 1/9
(1/24) 組み立て なし
考察
『Shadows of Evil』に登場。同じくブラックホールを発生させる。

改造後
【Kor-maroth Arbgwaoth】【コル-マロス・アルブグワオス】

チャージウェポン

通常の武器、装備枠には入らない、マップ固有のギミックをクリアすることで取得できる武器。
ゾンビをキルすることでゲージが貯まり、満タンになると使用可能になる。
攻撃するとゲージを消費し、ゼロになると収納される。再びゲージを満タンにすれば使える。
ゲージを使いきらないまま武器の使用を終了すると、再度取り出すことはできなくなるが、使わなかった分のゲージは温存される。

画像(クリックで照準画像) 武器名 武器系統
使用可能数
Lightning Sword
f:id:horo3341:20151202141758j:plain
近接武器
考察
『Shadows of Evil』のイベントをクリアすることで入手できる。格闘攻撃とライトニングスラムの二種類の攻撃を繰り出せる
この状態でもある程度のラウンドまではゾンビを一撃でキル出来るが、強化することで真価を発揮する
リボーンソードも同じだが、一撃を取れないラウンドで格闘攻撃をしようとするのはナイフで攻撃を仕掛けるのと同じくらい無謀な行為なので気をつける必要がある

リボーンソード/番人の剣
f:id:horo3341:20151202141831j:plain
近接武器
考察
『Shadows of Evil』のイベントをクリアすることでライトニングソードを強化して入手できる。格闘攻撃の攻撃頻度と範囲が向上し、30R前後までなら格闘攻撃でゾンビを一撃で切り伏せられる
またライニングスラムの代わりに剣を分身させ自動で攻撃させる技が使える
剣を分身させ攻撃させる技はどんなラウンドでもゾンビを一撃で倒せるので高ラウンドを狙う際に非常に有用
剣を分身させる技を使った後、武器を変更しても剣はゲージの限り残り続ける
現在、剣を分身させる技を使ったままワープホールに入ると接続が不安定になるバグが発生する
バグが発生するとゾンビは平気で動いてくるのに自分は動けなくなるので簡単にやられてしまう、使うタイミングに注意

Annihilator
f:id:horo3341:20151202141954j:plain
銃器 15発
考察
『The Giant』のイベントをクリアすることで入手できる。
シングルアクションのリボルバーで、連射速度は遅いが非常に高い威力を持つ。
敵集団をまとめて殲滅できるような攻撃範囲・弾数は無いので、ゲージが貯まり次第、メイン武器の弾数節約も兼ねて使ってしまっても問題ない。
必ず取るべきというほど絶大な火力ではないが、やり方さえ把握していれば簡単に全員が取得できるので、持っておいて損は無い。...のだが、なぜかこれを装備してダウンし、蘇生されると、サマンサの笑い声と共に武器、ポイントをすべて没収され、初期銃一丁とタクティカルウェポンのみの状態で復活するという謎の減少がたまに起こっている。考察


その他


画像 武器名 武器系統 最大所持数 入手法

コンバットナイフ
f:id:horo3341:20151202142017j:plain
ナイフ - 初期装備
考察
おなじみ初期装備のナイフ。敵をナイフキルすると、通常より多くのポイントが入るので、序盤は身の安全を保てる限り多用して稼いでいきたい。
もちろんインスタキル中でもナイフキルポイントは変わらないので積極的に利用しよう。
ただし今作ではゾンビの攻撃頻度が増加しているので、インスタキル中でも油断しているとあっけなく倒されてしまうことは気に留めておくこと。特に、オンラインで回線速度が遅い場合は要注意。

ボウイナイフ
f:id:horo3341:20151202142139j:plain
ナイフ - 3000pt
考察
お馴染みの大型ナイフ。序盤のラウンドは一撃必殺。一本あると色々と役に立つが、Perkドリンクの調達やドアの開放などにポイントを回していると、一撃必殺できるラウンドをあっと言う間に過ぎてしまうので、買うタイミングが少し難しいかもしれない。

フラググレネード
f:id:horo3341:20151202142247j:plain
リーサル 4 3000pt
考察
通常の破片手榴弾。威力はそれほどでもないが、1ラウンドごとに2個自動補充されるので適時活用しよう。
これを使ってゾンビの脚を破壊すると這いずり状態となるので、ラウンド終了間際に一体残しておけば安全に装備調達の時間を稼ぐことが出来る。
新Perk『ウィドーズ・ワイン』を取得すると、グレネードがセムテックスのように敵や物に張り付くようになる。

シンバルモンキー
f:id:horo3341:20151202142306j:plain
タクティカル 3 M.BOX
考察
Cod:WaWからのゾンビモードプレイヤーは、もはや親の顔ほど見たであろう猿の玩具の爆弾。
投擲すると一定時間、範囲内のゾンビを誘引し爆発する。
味方がダウンしたときや、追い込まれて退路を立たれた時の切り札として使える。
今作ではシンバルモンキーは弱体化されており、誘引範囲と爆発の威力が低下したほか、発動中でも誘引されているゾンビにぶつかると攻撃される場合がある。その為、過去作の感覚でギリギリの時に使うと痛い目を見る。

Li'l Arnie
f:id:horo3341:20151202142432j:plain
タクティカル 3 M.BOX
考察
『Shadows of Evil』に登場。
小瓶に幼虫のクリーチャーが入っており、投擲して瓶を割ると、急成長したクリーチャーが付近のゾンビを引き寄せつつ殺傷する。シンバルモンキーとは違い、即座に敵をなぎ倒していく。
シンバルモンキー同様、ピンチの際に役立つ

改造後
【Li'l Arnie】/【リトルアーニー】
効果時間、範囲延長、パワーアップアイテムドロップ確率上昇(?)(※要検証追記求ム)。リトルアーニーで100キルした後、ネロ儀式部屋本棚横にある3体の人形付近、フロイド儀式部屋リング奥のバックルーム入って右の棚付近、ジャック儀式部屋入って左奥にあるピンクの照明左付近でリトルアーニーを使う。最後にジェシカ儀式部屋バーレスクの壇上に投げるとリトルアーニーとゲートウォームがダンスを見せる。
参考動画:https://youtu.be/H-UEEixc3Bs

トリップマイン
f:id:horo3341:20151202142640j:plain
装備品 2 1000pt
考察
ジムの外壁にてウォールバイ可能。投擲して使用する。敵が効果範囲内に入ると、地面から跳躍して爆発する。購入後は1ラウンドごとに2個ずつ補給される為、ポイントに余裕があれば買っておけば役に立つ。

改造後
【DEVIL-O DONUTS or HOLLY'S CREAM CAKES】/【デビル'オー'ドーナツ又はホーリーズクリームケーキ】
ドーナツ(バウンシングペティ)作りマイン強化(クッキー)作りSoEのマップ上に点在する3つのドーナツ又はケーキの販売機の近くで、マインを使ってゾンビを倒すことで使用可能になる。威力の変化はないが、グラフィック、エフェクトが変化する。販売機はスタミンアップ付近、運河地区の覗き小屋付近、バーレスク方面の自動販売機付近の3つである。何故か、ドーナツにしたいならケーキの販売機で、ケーキにしたいならドーナツの販売機でそれぞれ作業しなければならない。作業に成功するとサマンサ(?)の笑い声が聞こえる。重ねて記述するが、強化しても戦術的アドバンテージはない。
参考動画:https://youtu.be/cDYAZttLcag

ケットシールド
f:id:horo3341:20151202142701j:plain
装備品 - クラフト
考察
『Shadows of Evil』に登場。マップに点在するパーツを収集し組み立てると装備可能。装備時は前からの攻撃、非装備時は背後からの攻撃を防御することができる。また、3回まで強力な突進攻撃を使用可能。
耐久力がゼロになると壊れる。その際は組み立てた工作台から再入手が可能

考察


再改造による特殊効果今作ではBO2の時から存在したパック・ア・パンチでの再改造が更に強力になり、特殊効果が付与されるようになった
BO2と違いアタッチメント類は自身でアンロックしなければいけなくなったものの
特殊効果はどれも基本的にどんなラウンドでもゾンビを一撃で倒せるほど強力な物ばかり
ほとんどの武器が再改造を行うことが出来るので、お金が余っているなら積極的にするべきだろう
再改造には2500pが必要となる他、何度でも2500pを払うことで再抽選が可能
特殊効果が発動可能になると敵を撃った際に画面中央に特殊なエフェクトが現れる
エフェクトが出るようになった状態で敵を撃つと一定の確率で特殊効果が発動する

画像 名称
サンダーウォール
考察
ある程度ダメージを与えたゾンビを吹き飛ばす効果を付与する
どんなラウンドでもゾンビを一撃で倒せる
が、他の特殊効果と比べるとまとめて倒せる数が精々5体程度とあまり効率はよくない
再使用可能になる時間も長めだが、発動からゾンビの死亡までの間がかなり早いので回避用としては有用
篭りにもトレインにも使えポイントも稼げるので無難といえば無難である
ファイアワークス
考察
ある程度ダメージを与えたゾンビから花火が上がり、ロケット花火が周囲のゾンビに飛んでいき攻撃する効果を付与する
どんなラウンドでもゾンビを一撃で倒せる
発動した際の範囲攻撃力はピカイチで、見た目のネタっぽさとは裏腹に非常に強力。再使用可能時間はその分長め
しかし唯一の欠点として、ロケット花火で倒したゾンビは普通のキル扱いにならずポイントが一切入らない
故にお金が欲しい場合は使用を控えた方がいい他
スペシャルウェポンのチャージにも影響するようでソードやアナイレイターのゲージがほとんど増えない
デッドワイヤー
考察
ある程度ダメージを与えたゾンビから電撃を発生させ、周囲のゾンビを巻き込む効果を付与する
どんなラウンドでもゾンビを一撃で倒せる
電撃の巻き込み数はサンダーウォールに毛が生えた程度のものの、再使用可能時間が短く短時間で何度も使用できるのが利点
また、敵をその場に釘付けにしてくれるので回避にも向いている
周囲のゾンビが動きを止めるまでに1秒ほどのタイムラグがあり、その間はどのゾンビが巻き込まれたのかイマイチ分かりにくいので篭りで使う場合は間合いに注意したい
ターンド
考察
ある程度ダメージを与えたゾンビが寝返って味方になってくれる効果を付与する
味方になったゾンビの攻撃は敵のゾンビをどんなラウンドでも一撃で倒す威力
一度味方になったゾンビはかなりしぶとく生き残り、他のゾンビを攻撃してくれる
味方になったゾンビはある程度敵のゾンビの攻撃対象となってくれ引き付け役にもなる
再使用可能時間は長めなので多くても一人で同時に味方に出来るゾンビは2体ほど
なお、味方になったゾンビは他人扱いなのでポイントなど一切入らない点に注意
ブラストファーナス
考察
ある程度ダメージを与えたゾンビが燃えて、周囲のゾンビに延焼する効果を付与する
どんなラウンドでもゾンビを一撃で倒せる
効果範囲、再使用可能時間のバランスが一番よく、恐らく現状一番使いやすいであろう特殊効果
ファイアワークスと違い、しっかりポイントも入るのでお金やスペシャルウェポンのチャージも問題なし
欠点はゾンビが延焼してから死亡するまで数秒のタイムラグがあること
この間に攻撃されるとダメージを普通に受けるので効果が発動したからと油断するとあっさりやられてしまうこともある
ただこの燃焼中も10ずつポイントが入るので逆錬金術との相性も良く稼ぎにも使いやすい