horo3341のCoD攻略日記

愉快に真面目に攻略♫

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ1〜10話

⚠安定した動画プレイヤーに順次切替ていきます
v-usは比率調整中で330✕220にしてるのでおっきくみたい時は右下の拡大❎ボタンで
秋アニメ編スタート(^q^)!
渋い泥臭いガンダム嫌いじゃない!

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(きどうせんしガンダム てっけつのオルフェンズ)は、2015年10月から放送中の日本のテレビアニメ。「ガンダムシリーズ」に属するロボットアニメ作品。キャッチコピーは「いのちの糧は、戦場にある。」
f:id:horo3341:20151009014323j:plain
あらすじ
P.D.(Post Disaster)323年。「厄祭戦」(やくさいせん)と呼ばれた大規模戦争の終結から約300年後、地球の統治機構は大幅に激変したうえ、火星圏でも各都市で独立運動の気運が高まり、一触即発の事態となっていた。

民間警備会社「クリュセ・ガード・セキュリティ」(略称:CGS)は、火星都市「クリュセ」の独立運動の指導者、クーデリア・藍那・バーンスタインから護衛の依頼を受けるが、彼女を亡き者として独立運動を鎮圧せんとする武力組織「ギャラルホルン」の襲撃を受ける。この事態に際してCGSの大人たちは対抗することもせず、少年少女たちを囮にして逃亡を図ろうとする。その卑劣な仕打ちに憤慨した主人公の三日月・オーガスとオルガ・イツカら少年たちは「鉄華団」を結成、大人たちに反旗を翻すことを決意し、CGS基地の動力炉として安置・利用されていた厄祭戦時代のモビルスーツ(MS)「ガンダム・バルバトス」を起動させる。
1話

世界観・歴史 編集
P.D.(Post Disaster)
当作品世界の年号。
厄祭戦(やくさいせん)
本編開始から約300年前に勃発した全地球圏規模の大戦。この戦争で地球圏の統治機構は崩壊し、終結後は4つの勢力による拮抗状態の平和が維持されている。
火星
本作の舞台で、現在は地球の支配下にある。テラフォーミングによって地球とほぼ同じ環境が構築され、各地に都市が建設されている。しかし、その実態は地球圏にその富の大半を提供し続ける植民地であり、これに不満を抱いた民衆による独立運動の機運が高まっている。
兵器・技術
★エイハブ・リアクター
MSや施設のエネルギー源などに使われる動力炉。相転移炉の一種で、MSサイズの炉でも一施設の全電力をまかなえるほどの高出力を持つ。炉内に発生する「エイハブ粒子」は、MSの機動時に発生する高Gを緩和する効果を持つ。ガエリオ・ボードウィンの発言によれば、「厄祭戦が起こった原因」とされる。また、通信障害を発生させる特性を併せ持っており、宇宙での通信は中継機を通さなければ困難となる。
阿頼耶識システム(アラヤシキシステム)
厄祭戦当時のMSなどに採用されたMMI(マン・マシーン・インターフェース)。外科手術でパイロットの脊髄に埋め込まれたコネクタと、操縦席側のソケットを接続することで、パイロットの感覚と機体のセンサー類を直結することが可能となる。300年後の現在では旧式のインターフェイスとされているが、CGSが保有するMWはこれに対応した旧式機のため、CGSのパイロットはコネクタを埋め込む手術が必須となる。手術は麻酔なしで行われ、非常に苦痛を伴う。背中にコネクタを持つ関係上、操縦時には上半身裸にならなければならない。
★ナノラミネートアーマー
MSの表面に塗布されている皮膜型の装甲。実弾射撃に対して高い防御力を与えるため、MSに対しての銃撃は決定打になりにくくなっている。ナノラミネートアーマーを装備したMSに対しては、打撃武器で対抗することが有効とされている[5]。
2話

モビルスーツ(MS)
ガンダムシリーズ」に共通して登場する巨大人型ロボット兵器。本作に登場するMSは、駆動機構を持つ内部骨格(フレーム)の設定が強調されており、機種や勢力ごとに共通規格のフレームが採用されている[13][注 3]。同一フレーム機同士は高い互換性があり、別の機種のパーツを取り付けた改造機もある。さらに、ビームライフルビームサーベルなどのエネルギー兵器ではなく、実体弾火器や鈍器を主な武装としているのが特徴である。これは、「戦艦がビーム1発で落ちるのはおかしい」「戦艦やMSの装甲はかなり強固で、近づいて鈍器で殴らなければ倒せない」と考えた監督の長井の方針であるとされる[13]。
技術力が低下した厄祭戦後の世界では希少かつ高価な兵器で、MSを自主製造できる工業力を持つ勢力はギャラルホルンのみとされている[6]
★モビルワーカー(MW)
厄祭戦後の世界における主要な兵器、および作業機器の総称。おおむね戦闘車両の延長上にあるメカで、水素エンジンを主な動力源とする[15]。MSよりもはるかに小型で兵器としての性能も大きく劣るが、安価で数が揃えやすいため、多くの勢力や地域で運用されている。
3

ASW-G-08 ガンダム・バルバトス
汎用型のガンダム・フレーム機[12]。カラーリングは白主体のトリコロール。
火星の砂漠地帯に放置されていた機体をCGS社長のマルバ・アーケイが発見・回収し、CGS基地の動力炉として利用していた[12]。ギャラルホルンを撃退するために参番組の少年兵たちによって再起動させられ、三日月・オーガスがメインパイロットとなる。各種兵装の換装による高い柔軟性が特長で、背部アタッチメントのアームを展開することで、接続した各武装を使用することもできる。鉄華団の主戦力となってからは、倒した敵MSなどから得たパーツや武装を追加・換装していくことで戦闘能力を高めていく。
4

勢力・組織[編集]
★CGS(クリュセ・ガード・セキュリティ)
クリュセ郊外に基地を持つ民間警備会社。社長はマルバ・アーケイ。主力兵器の多くが旧式のモビルワーカー(MW)で占められており、戦力は正規の軍隊には遠くおよばない。
★参番組(さんばんぐみ)
CGS主力部隊(一軍)の下部に存在する非正規部隊。部隊長はオルガ・イツカ。隊員の多くが身寄りのない孤児で、生活難から自ら志願入隊した者や、人身売買されてきたヒューマンデブリなどで占められている。
★鉄華団(てっかだん)
CGS基地を掌握した参番組が新たに立ち上げた組織。
ギャラルホルン
地球の各国連合の総意によって設立された治安維持組織[9]。内部調査機関である「監査局」や、火星支部などの部署および基地が各地に存在する[10]。厄祭戦を経て希少化したMSやエイハブ・リアクターなどの関連技術を独占しており[6]、その強大さから「武力をもって武力を制す世界平和維持のための暴力装置」と呼ばれる[9]
5話

ヒューマンデブリ
地球主導の支配体制が生んだ、人身売買されている孤児たちの総称[6]。「ヒューマンデブリ」(人間の屑)とは、「宇宙で集めたクズ鉄同然の値段」で売られていることに由来する[6]。
6

鉄華団(てっかだん)
CGS基地を掌握した参番組が新たに立ち上げた組織。「鉄華」とは「決して散ることのない鉄の華(花)」を言う意味を込めてオルガが命名した[13]。
結成直後はマルバによって基地の現金の大半が持ち出され、残りも退職希望者への退職金及びギャラルホルンから受けた損害の補填などに充てたために資金難に直面するが、クーデリアからの申し出で彼女の護衛任務を続行し、火星独立運動のスポンサーであるノブリス・ゴルドンの援助を見込んで地球を目指す
7

8

9

10