horo3341のCoD攻略日記

愉快に真面目に攻略♫

この素晴らしい世界に祝福を!1〜4話

冬アニメ編スタート«٩(*´ ꒳ `*)۶»
今期のギャグ枠らしい!?
f:id:horo3341:20160204004231j:plain
ゲームをこよなく愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)の人生は、交通事故(!?)によりあっけなく幕を閉じた……はずだった。だが、目を覚ますと女神を名乗る美少女・アクアは告げる。
「ねぇ、ちょっといい話があるんだけど。異世界に行かない? 1つだけあなたの好きなものを持って行っていいわよ」
「……じゃあ、あんたで」
RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!……と舞い上がったのも束の間、異世界に転生したカズマの目下緊急の難問は、なんと生活費の工面だった!さらに、トラブルメーカーの駄女神・アクア、中二病をこじらせた魔法使い・めぐみん、妄想ノンストップな女騎士・ダクネスという、能力だけは高いのにとんでもなく残念な3人とパーティを組むことになって、カズマの受難は続く。
そして、そんなある日、カズマ達パーティはついに魔王軍に目をつけられてしまい―――!?
平凡な冒険者・カズマが過ごす異世界ライフの明日はどっち!?
f:id:horo3341:20160210064559p:plain
1話 この自称女神と異世界転生を!    

「さようなら引き籠り生活! こんにちは異世界!」

たまの外出で不慮(?)の事故に遭ってしまった引きこもりゲームオタクのカズマ。
目覚めたそこは、死後の世界だった。
アクアという口の悪い女神に情けない死に方を散々バカにされた挙句、
天国行きか、魔王軍に蹂躙され、過疎化の進む異世界に転生するかの選択を迫られる。
ゲーマーの勘に従い、選んだのはもちろん異世界転生!
そして、何かひとつだけ好きな物を持って行けるという異世界行きの特権として選んだ“もの”は、「じゃあ、あんた」。
こうして引きこもりゲームオタクと駄女神の異世界冒険が始まるのだった……!?
f:id:horo3341:20160210064203p:plain
2話 この中二病に爆焔を!   

「我が名はめぐみん。最強の攻撃魔法“爆裂魔法”を操る者!」

アクアを道連れに来たはいいが、ゲーム世界と違って金なし・装備なしのないない尽くしで、最低ランクのモンスターにも悪戦苦闘するカズマの冒険者生活。
そこでパーティメンバーを募集することに。
名乗りを挙げてきたのは、高い知力と魔力、変な名前を持つことで有名な紅魔族のめぐみん(本名)だった。
中二的言動で胡散臭さこのうえないが、めぐみんが最強の攻撃魔法「爆裂魔法」の使い手と知り、さっそくモンスターを倒しに行くことに。
フィールドに轟くめぐみんの呪文詠唱「エクスプロージョン!!」。
炸裂する光と轟音。爆裂魔法は確かに強力で壮観だったが、肝心のめぐみんが……。
f:id:horo3341:20160210064312p:plain
3話 この右手にお宝を! 

「見られている……っ!むくつけき男たちが私の肌を見て興奮している!」

宴会芸の習得に精を出す駄女神のアークプリーストに、
1日1発しか爆裂魔法を撃てない残念なアークウィザード、幸運だけが取り柄の自分……。
そんなダメダメなパーティが編成されつつあることに失望を覚えるカズマ。
失望感冷めやまぬところにパーティ入りを熱望してきたのは、力と耐久力はあるが、
攻撃がまったく当たらないと自負するクルセイダーのダクネスだった。
粘液まみれのドロドロになるような辱めを「私も…!」と望むドMっぷり。
「こいつも性能だけでなく中身までダメな系」と悟ったカズマは、
ダクネスの加入を阻止したいと願うのだが……。
f:id:horo3341:20160210064331p:plain
第4話 この強敵に爆裂魔法を!

「魔王軍の幹部は、それはもうお怒りだった」

街の近くに魔王軍の幹部が住み着いたせいで、弱いモンスターが隠れてしまった。スキルアップを目指すカズマは完全足踏み状態。
やることもなく、廃城に爆裂魔法を打ち込むというめぐみんの特訓に付き合うカズマ。
晴れの日も、氷雨の日も、毎日続くその特訓。
そんなある日、ギルドから緊急クエストの報が響き渡る。
街の正門前に現れたのは魔王軍の幹部、首なし騎士のデュラハンだった。
その怒りに満ちた声が響く。
「……ま……ままま、毎日毎日毎日毎日!
 おお、俺の城に、毎日欠かさず爆裂魔法撃ち込んでく頭のおかしい大馬鹿者は、誰だあああああああーー!」
f:id:horo3341:20160210064520p:plain